オーダーについて

オーダー家具工房ウォールナットグローブでは、家具のサイズ、仕様、デザイン等は設置されるスペースや用途に合わせて製作をさせて頂きます。

オーダー家具の素材について

オーダー家具の素材について

家具工房WalnutGroveのオーダーメイド家具作りに使用しております素材は、主に厳選された北米産のホワイトパイン無垢材を使用して家具を製作しております。

ホワイトパイン無垢材ですが、全体に色合いが淡い白色で木肌はクリームやバターのような美しい肌目をしており別名シルバーパインとも呼ばれ高級パイン家具で使用される木材です。

木の質感は柔らかい為とても温かみを感じられますが、傷が付きやすいといったデメリットもございます。

それが変えってアンティークな雰囲気を感じられますし、家具のお届後からお使い頂いているうちに、色合いも少しづつ飴色に変わって行きまして年数を増すごとにより徐々に深みのある色合いになりメンテナンスを行うことで美しさも増して行きます。

オーダー家具作りにはご要望に応じてその他の木材も使用して製作をさせて頂いております。

クルミ(ウォールナット)無垢材
クルミ(ウォールナット)無垢材

クルミ(ウォールナット)無垢材は淡い色合いで肌目もやや粗目ですが独特の光沢をもつ材です。

材質は広葉樹の中では比較的柔らかいですが、割れや狂いが少ない木材です。

当工房では主に北海道産のクルミ材を使用しております。

製作例ではクルミ無垢材のローテーブル、デスク、チェスト等がご覧頂けます。

ブラックウォールナット無垢材
ブラックウォールナット無垢材

ブラックウォールナット無垢材は濃いチョコレートのような色合いで、部分的に紫がかった色合いの部分もありまして肌目も滑らかで程良い艶も出やすくとても高級感のある材です。

材質は広葉樹の中では中間ぐらいの硬さで割れや狂いが少ない木材です。

私個人的に大好きな木材です。

製作例ではブラックウォールナット無垢材のローテーブルやウォールミラー等がご覧頂けます。

※家具作りには、ご要望に応じて、他の木材も使って製作をしております。

オーダー家具のデザインについて

デザインはブリティッシュカントリーを基本に、シンプルで飽きの来ないデザインの家具から、アールを使った優しくお洒落な印象のデザインまでご要望に合わせたオーダー家具を製作しています。

木材の厚さも使用する場所や家具のサイズに合わせて強度を保つ為に十分な厚さを用いており、末永くご使用して頂ける様に丈夫さはもちろんのこと家具の構造も後からの修理やメンテナンスを考えた作りとなっています。

例えばテーブルやデスクの天板は長年お使い頂いているうちに傷が目立って参りましたら、表面を鉋で削りまして、塗装をし直すことで新品の状態に戻すことが出来ます。

(深い傷や天板の反りに関しましてはある程度までしか直すことが出来ない場合もございます)

その他の部分の傷等につきましても修復が出来ます。

当工房では家具を後から分解が出来るような構造で製作をしておりますので、傷が付いたパーツを取り外しまして、前述の天板と同じように直すことが可能です。

(一部接着剤を使用しております部分につきましては作り直しが生じる部分がございます)

長年お使い頂きまして傷等が気になって参りましたら一度ご相談頂ければ幸いです。

オーダー家具の扉について

Walnutgroveの家具の扉は無垢材の扉に起こりやすい反り等を防ぐ構造の框扉で製作しております。

下の写真のように縦框と横框の接続部分を、内側の飾り面と鏡板を入れる為のミゾを同時に加工を施しています。

この方法での扉の製作はデザイン的にもお洒落な雰囲気になり、強度的にも接着面が増える為、一般的なホゾ組より丈夫な扉になります。

扉の鏡板(内側の板)は、装飾面の木肌が荒れないように少しずつ何回にも分けて削って行きます。

また、削り終わった鏡板を框に組み込む前には、しっかりと塗装を施します。

その理由ですが無垢材の場合月日が経ちますとお使いの環境にもよりますが、木が乾燥等で縮むことがあります。

手間を惜しんで扉を組み終えてから塗装を致しますと、木が乾燥で縮んだ際に塗装がされていないところが木の色のままですのでその境目が目立って参りまして、見た目が非常に悪いです。

それに木の保護の為には隅々まで塗装をしてあげるのが良いのです。

浮き彫りタイプ
浮き彫りタイプ

パイン無垢材を特殊刃物で、少しずつ数回にわたり削りだし、框扉にはめ込んで製作しております。

シンプルタイプ
シンプルタイプ

パイン色はWalnutgroveで一番人気のカラーです。

5.5mmの合板に、パイン材のつき板を張り合わせた特注板を框扉にはめ込んで製作しております。

丁番について

家具の丁番は、「スライド丁番」と「家具丁番」の2種類をご用意しております。

スライド丁番
スライド丁番

家具の外側から見えないタイプです。

この丁番は、扉をある程度閉めると、自然にバネの力で閉まります。

また、2箇所のネジを回す事で、扉の傾きなどの調整をすることが出来ます。

家具丁番
家具丁番

扉をある程度まで閉めると、バネの力で自然に閉まります。

オーダー家具のカラーについて

家具の塗装仕上げに使用しております塗料は、植物油と植物ワックスが主成分のオスモカラーです。

この塗料は、撥水効果が高く、水などをこぼしても、玉のようにはじきシミになりにくい塗料です。

仕上がりは、ほど良い艶があり無垢材の風合いを生かした仕上がりになります。

また、簡単にメンテナンスができ、メンテナンスをすることでより一層味わいのある家具になります。

家具のカラーは下記の5種類の中からお選び頂けます。

クリアー仕上げ
クリアー仕上げ

パイン材の木肌は、全体的には白く部分的に赤い部分と交じり合った木材です。

家具を長い間お使い頂くと、徐々に赤みが増して行き、段々と飴色に変わっていきます。

その色の変化もパイン材家具の楽しみでもあります。

少しづつ変わって行く色の変化をお楽しみ頂けるのが、クリアー仕上げの醍醐味です。

パイン色仕上げ
パイン色仕上げ

パイン色はWalnutgroveで一番人気のカラーです。

パイン無垢材は、年月が経ちますと画像のような良い飴色に変わっていきます。

月日が経過し、自然に飴色に変化した色合いを表現したのが、パイン色になります。

画像の家具は、製作直後の色合いで、月日が経つと、無垢材の自然な赤みが加わり、色合いがもっと濃くなります。

チーク色仕上げ
チーク色仕上げ

チーク色は茶系のカラーです。

色合い的には落ち着いたイメージです。

年月が経つと、アンティーク調の風合いになっていきます。

ウォールナット色仕上げ
ウォールナット色仕上げ

淡ウォールナット色は、茶系のチーク色に黒味が入ったようなダーク系のカラーです。

チーク色同様、年月が経つと、アンティーク調の風合いになっていきます。

ホワイト仕上げ
ホワイト仕上げ

ホワイト仕上げは、木目が透けて見える半透明の仕上がりになります。